「フリーブックス」というどんな漫画でも無料で読めるサイトが閉鎖!

フリーブックス漫画閉鎖
<スポンサードリンク>

メチャクチャグレーな漫画共有サイト「フリーブックス」がこの度、閉鎖しました。フリーブックスは、大手少年誌から青年誌や情報誌まで幅広いジャンルの漫画や雑誌が無料で読み放題のサイトです。

漫画共有サイト「フリーブックス」いきなりの閉鎖!

元々、メチャクチャグレーなサイトにも関わらず、フリーブックのサイト自体は以前から運営していたそうです。

大手少年誌や情報誌まで、幅広いジャンルを網羅しつつ、果ては雑誌掲載の単行本まですべてフリーブックスでは見られるようになっていました。

この時点で「著作権違法」に引っかかってもおかしくはないのですが、どうして今までフリーブックスは「サイト閉鎖」に追い込まれずに済んでいたのでしょうか?

フリーブックス内で「収益」発生していないから?

一説によると、フリーブックスが今まで閉鎖に追い込まれなかったのは、サイト自体が「有志」によるところが大きかったためと言われています。

漫画が好きなユーザーが、フリーブックス内に漫画の画像をアップロードする形の運営方針になっていましたが、クリック広告などの収益が発生するものがなかったことも急なサイト閉鎖を免れた一因と言われています。

なぜ、今になって急な閉鎖に追い込まれてしまったのか?

しかし、なぜフリーブックスはここにきて急なサイト閉鎖に追い込まれてしまったのでしょうか?

インターネット上に上がっているニュースを見てみると、どうもゴールデンウィークに入ってフリーブックスへのアクセスが急増したことがサイト閉鎖の一番の原因のようです。

検索エンジンでは、この辺りのアクセス動向も把握しているようなのでもしかしたらそういった要因もあったのかもしれません。

新たに判明したフリーブックス運営の真相!

これは新たにネットニュースで書かれていたことですが、どうやらフリーブックスを管理しているサーバーは、アイスランドあるようで、日本の方からではなかなか取り締まることができなかったそうです。

フリーブックスのサーバーは4月末辺りからサーバー負担もあって開覧が難しくなっていました。

5月に入り、突如、アジア圏のサーバーからサイトが攻撃を受けているとの通告があったようです。

そして今回のフリーブックスの閉鎖…。

色々なことが重なってしまったようですね。

私は、フリーブックスの事は最近知ったのですが、かなり有名なサイトだったようですね。

著作権を冒してしまうのは良くないことですが、ネットユーザーのレビューからは「なんとも複雑…。」という心境の声があがっていました。

<スポンサードリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

事務員のMaikoとマッサージ師のYuuki8です! Maikoは、ディズニーやアニメ好き!Yuuki8は、本やマンガが好きです! このブログでは、二人で行って楽しかった所や気になるニュース、面白かったアニメやマンガをご紹介していきます!